徒然うた改

カテゴリ: えろげうた?

上半期のえろげうたをそれとなく振り返ってみるいつもどおりのコーナーである。
あらかじめ書いていたのを少しずつ付け足していって、6月末〜7月頭になってネタにするのもいつものことである。なお、曲順はわりと適当。

特に決めてるわけでもないが曲選の選出が二年に一度なのでそろそろだ、前回は二年前の8月にやっていた。

i.o-瞬間カタオモイ(ドコのドナタの感情経路)
 
ポップでキュートである、ただそう言いたかっただけでもある。
i.o.soundは歌い手が誰だかよくわからないことが多いな。

原田ひとみ-RUN EVE RUN(12の月のイヴ)

minoriというと原田ひとみというイメージがある。
minoriで長谷川めぐみを思い出す人は古強者かもしれんが。
個人的にはDreamを超える曲はminoriには無い。

KOTOKO-affection(レーシャル・マージ)

同ブランドの前作の曲である「flower!!」と同じsolfaとKOTOKOが組んだものだ。
いい感じ。

真理絵-Clover Day's(Clover Day's)

 最初に発売されると知ったときにボーカルは真理絵なのか?と思ったがやはりそうだった。
そもそもAlcotは真理絵率が高い。くろはのアレンジもいい感じ。

AiRI-ミラクルハイプレッシャー(夏恋ハイプレッシャー)

 季節的にピッタリな曲だ。ハイテンポなのも夏らしい。
同じ夏のうたであるLike a Greenがロックならこちらはポップってところか。

Duca-My First Love(スクランブル・ラバーズ)
 
ブランド的に真里歌かと思ったら違った、作編曲はMeis Clauson、いい曲が多い。
作詞は中山マミ。最近あまり歌わないな。

西沢はぐみ-ユレルサイクル(ココロ@ファンクション!)

西沢はぐみから一曲。
ムービーを見てたらよく動く。そういやE-moteのフリー(?)なのが最近流行っているようだ。
絵を描く能力もそういったモノを作る能力の無い身からしては羨ましい限りである。

新田恵海-My Sphere(キスアト)

艦これで高雄・愛宕を書いた人が原画をやっているゲームである。
それを踏まえつつムービーを見ると愛宕の色違いにしか見えなくなってくる。
新田恵海って人は声優もやっているそうだ。


佐咲紗花-恋さくミライ(恋がさくころ桜どき)

はぐみんにしろこの人にしろ新しい人が台頭してくるのは嬉しいものだ。
普段ワールドエンドとかShooting the futureばかり聴いてるから、こういったポップなのは珍しい。
他に思いつくとしたらマリンブルーに沿ってくらいか。

橋本みゆき-幻想楼閣(ハピメア Fragmentation Dream)

Purple softwareでみゆき台の作品では秋色に次ぐ個人的ヒットな曲。
上半期で一曲挙げるとしたら、この曲かKOTOKOのaffectionとなる。

榊原ゆい-"光あれ"と願う心を(レミニセンス-Re Collect-)

前作同様BOGらしい。
個人的には前のやがて消える幻でもよりこちらのほうが好みだ。

Marica-Hanging garden(セミラミスの天秤)

Maricaきた!これで勝つる!
久しぶりすぎるMaricaである。声が変わった気がするがどうだろう?
どうでもいいが、真里歌とMaricaでこうやって書き分けができるのは問題ないが会話する場合はこんがらがりそうである、そもそもそんな機会はあまりなさそうだが。

とまあ、こんな感じ。
上でも書いたが一曲を挙げるなら幻想楼閣かaffection。
ポップな曲調なのが多い気がするが夏にはぴったりかもしれない。

 

確かに暁とビスマルクは性格が似ている気がする、タイトルのネタは暁の時報からだ。
さて今回は夏用のえろげうたのCDを作ってみようというよくある企画である、多分4回目くらいか?
ぶろぐ内検索してみると多分3回目、「えろげうた」なり特徴的な使いまわしを意識してしているとこういった時も漏れることがなくなるので地味に便利だ。ドヤ顔で語っておきながら漏れている可能性を否定することは出来んが。そう言うと漏れてるような気がしてきてならない。
いつもどおり、80分のCDを使っている。特に断ることでもないが歌手名は当時のものである。
では、ぬるく行ってみよう、ムービーが見つかったらそれを載っけている。

1.URAN-Like a Green

出足は派手にいきたいところ。
そういったニーズに応えるにはぴったりな曲だ。

2.萌花ちょこ/上田朱音/かわしまりの/水霧けいと-Splash!

夏といえば水着でスク水を思い浮かべるとこの曲が思い浮かんだ。
潜水艦娘たちのメインテーマかもしれない、オリョクルばかりしている提督だとおよげたいやきくんのほうがぴったりになってしまうが。小生の鎮守府ではまだ70〜80レベル台なのでそれには該当しないと思われる。
他にスク水を推すならこんいろ∞トキメキとかがあるな。

3.のみこ-夢色花火
どちかというと終わる夏を惜しむうたなので時期的にフライングである。
どうでもいいが、のみことみ〜こと桃井はるこの声の区別が付かないのは小生の耳が腐っているせいだろうか。

4.真里歌-水色ステージ

真里歌で厳密に夏のうたって他にあったっけ?
他の候補としてはpracticeがあったが捻らずにこちらにした。
彼女にしてみればわりとはっちゃけた曲である。

5.霜月はるか-夏の羽音

【悲報】この曲が11年前の曲であること
そりゃGWAVE2003に入ってるんだからそうだ。
そう思ってこのぶろぐを見てみると9年目だった、時間の流れががが。
うたのとおり巡る時に取り残されているようだ。

6.宮坂結衣 & 羽沢月乃 & 沢井春香&秋月まい-Try on!〜ヒロイン合唱 ver〜

NANAじゃないのか?という意見にはNANAは別の曲にしたと。ちなみにムービーはNANAのものである。
そもそも別に一人一曲の縛りではないが大概こういったCDを作る時はそうしている。
夏にはこういったハイテンションが似合う。
ちなみに、羽沢月乃という人は家族計画の末莉でもあり、みずいろなどの進藤でもある。
頭の中でマシンガンが鳴り響いてくる・・・。

7.monet-H2O

スポドリが美味しい季節になったが、どうでもいいがH2Oってスポドリが薄味で好きではない。
ムービーを見てるがトンボとか今素手で触れるだろうか・・・?
こういうのは大人になるたび出来なくなるな。

8.miru-Fragment 〜Eternal Infinity〜
fragmentをとりあえず一曲入れとこうかというノリで。
倖月美和やこのmiruのバージョンだと静か目になるな、オリジナルをニュートラルとすると。
みゆき台やyozuca*はわりと上向きになる。

9.nao-木漏れ日フレネル

静か目の余韻をぶち壊す激し目で。
前に作ったのはProminenceを入れていたらしい、あれはえろげうたではなかった。

10.真理絵-百花繚乱ファンタズム

夏・・・?
それならWind of Cronusを入れないとは何事だという意見があるだろうがこっちにしたかったからとしか言えない。そもそも夏のうたではないツッコミは各自で。まあなんて言うの?こんなこともあるよね。

11.NANA-Be_Natural

んで、NANAはこの曲にした。
りあるりーって言葉が限定的に流行ったのも懐かしい話だ。

12.西沢はぐみ-夏の日のリフレイン

はぐみんから一曲。
どうでもいいがリフレインとルフランって同じ意味らしいな。
小学生の頃に戻りたい気がするが、どうだろう。もう一度20年近く過ごすのは面倒に感じる。

13.WHITE-LIPS-僕と、僕らの夏
終わりが近づくほど静か目が増えていくのが小生の選曲っぽい。
誓いの言葉はなかったけどって歌詞があるがその後同じタイトルのうたが出たのは面白い。

14.KOTOKO-bumpy-Jumpy!

flowと夏草の線路と三択で迷ったがこれに。flowは長すぎ、夏草は以前に入れたという理由。
個人的な私感(言い回し的に頭痛が痛いみたいになった)だが夏の曲って3分台の短いって印象がある。

15.KIRIKO-彼ノ空

病んだって話を聴いたが元気になったのだろうか?
また彼女の七色の歌声を聴きたいものだ。

16..Marica-終わらない夏 Diarize Song Ver
フライング二曲目。向いてる方向は夢色花火と似てる気がする。
厳密に言うとこれBGMアレンジでえろげうたじゃないような。

17.KAKO-夏星
巡夏とすごい迷った、どっちもピアノがいい感じだし。
彼女のうたであとは秋がくれば四季コンプリートだ。

18.佐藤裕美-ハローグッバイ

一曲目がグリグリ2でラストがグリグリ3という狙った感じに。
ちなみにムービーとフルバでは最後の歌詞が違う。
捻るならこないだのゆいにゃんのカバーを入れてみるのも悪くない。
個人的にはハロワ(職安ではないよ)の青い記憶を彼女が歌ったのが面白かった、声優やってたはずだ。

とまあこんな感じ。ついでに書いてた風景をパチリ。77分と11秒。これで18曲だから夏の曲は短い。
特に名前をつけるまでもない
 
夏といっても今時分のように梅雨時に作るか、夏本番、晩夏で入る曲が違う。
梅雨時ならアマオトなりあした天気になあれとかだろうし。作る時の精神状態によっても変わるだろう。
何度も言ってる気がするが80分という限られた時間に詰め込む楽しさがこういったCDを作る醍醐味だ。
もっとも、自己満足だということは解ってるが作る理由としては充分だろう。
蒸し暑くなってきたので水分補給には気をつけませう。 

毎年年明けにやったりやらなかったりする企画だ、振り返るシリーズのように決まってるわけじゃない。
二年前にえろげうたオブザイヤーとして一枚のCDを作ったことはある、それ以来かも。
上半期のネタの焼き直しであり、紅白の曲目で言いたいことは言ってる気がするが、気にしないことにしよう。

今回はベスト10ということで10曲選んだ。

10.fripSide-fortuna on the Sixteenth night(十六夜のフォルトゥーナ)
 
fripSideと聞いてボーカルでnaoを思い浮かべる人も未だ多いはずだ。
脱退したのは2009年だったそうな、早いものである。
辞めた後どちらも良曲を出し続けているのだから文句などあろうはずもないが。

9.奥井雅美-FISSION(グリザイアの楽園)

 連作のいいところは一作目のうたが良ければ大体次も最後もうたがいいということだ。
グリザイア三部作の中だと一番好きかもしれない。

8.佐咲紗花-キスのひとつで(ちいさな彼女の小夜曲)
 
出足静かなので油断してると面白いことになる曲だ。
時期的には歌詞にあるが夏の終わりか。水夏を思い浮かべるとおっさんである。
OPも佐咲紗花だ、そちらもよい。

7. みとせのりこ-The party of seven witches(聖エステラ学院の七人の魔女)

 フルが7分もあって驚いた、そこまで7に拘るとは。
どうでもいいが小生の現在の車のCDの7曲目はこの曲である。
 
6. Duca-終わりのはじまり(ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1-)

元が同人作品だったらしく正確には2013年の作品ではない。
似たケースとしてキラークイーンとシークレットゲームのケースがある。
同人でDucaと安瀬聖とは豪華なものである。

5. 真里歌-quantum jump(フレラバ)

 OPだがED曲っぽい感じもする曲だ。
同じ作編曲者でfind the gateも捨てがたい。
Meis Clausonって人だがチェックしておこう。

4.KOTOKO-Flower!!(百花繚乱エリクシル)

もう後は上半期でもやったネタになるんだが。
I've以外のKOTOKOの曲では一番好きだ。

3.清野みゆ-Go UP!(あかばんず)

新年電波明けの一発だった曲だ。
電波も恒例なら終わった後に景気良く行くのも恒例である。
どうでもいいが、youtubeのコメントを見てると大概神曲だと言ってるのが居るな。
神神って何曲あるんだって難癖をつけようと思ったがそもそも日本は八百万の神だった。
個人的には神曲って言っていいのは20曲くらいまでかなあとは思う。

2.Ayumi.-Dearest Sword,Dearest Wish(ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1-)

上半期でも言ったが戦闘曲としてよい。
今ハマってる艦これの素材使ってMAD作れないかと思うくらいだ、多分陽の目を見ることはないが。

1.萌花ちょこ & 上田朱音 & かわしまりの & 水霧けいと-Splash!(せんすいぶ!)

エロゲ声優と侮る事なかれ。そもそも曲の良さには関係がないことだ。
かわしまりのがうたが上手いのはわりと知られていることだし。
この曲でも艦これのMADが作れそうだ、多分陽の目を(ry

とまあこんな風味。
好みは人それぞれだからあまり参考にならんのはいつものことである。
 

このページのトップヘ